« 今の時代、リストラや、倒産なんかがあって、不安ですよね。とりあえず出世したいですよね。あなたは、出世できるタイプですか。 | トップページ | 今年の花粉は多いらしいですよね。まれに目がかゆくなったり、たまにくしゃみが出たりは、あるんですけど花粉症と呼べる程ではないようです。 »

映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の感想をブログに書きました。なんですかこの映画。内容が無いよ。


にほんブログ村

いや~、もう凄いよ。内容が無い。ネタバレしてやる。

Poster67x94 マクレーン刑事のバカンスは、ロシアで、犯罪者として警察に拘束されている息子ジャックを連れ帰る個人的なミッションです。マクレーンがロシアについたその日、ある政治犯の裁判の証人としてジャックは出廷していた。裁判所に付いたマクレーンが見たのは、物々しい警備と、裁判所には似つかわしくない物騒な装甲車だった。すると突然裁判所が爆発。政治犯を連れて出てきたジャックは、そばに止めてあった車に乗り込み逃亡しようとしていた。ジャックの前に立ちはだかったのは、マクレーン。突然の親子の対面に驚いたジャックは、マクレーンを振り払って逃亡。ジャックの車を追って走っていったのは、さっき見た物騒な装甲車。何かを感じたマクレーンは、近くの車に乗り込み、その後を追って、すさまじいカーチェースを繰り広げ、ジャックを助けるのです。

結局、ここでも厄介ごとに巻き込まれるマクレーン。ジャックが逃げ込んだアパートの一室は、実は、CIAの隠れ家で、ジャックは、CIAのスパイだったのです。ジャックが助けた政治犯は、ロシアのある政治化が、自分の悪行を隠すために、無理やり犯罪者にしたて上げていたのでした。彼が持っているファイルが明るみに出ると、その政治家は失速してしまうのです。逆にその政治家が実権を握るとは、アメリカとしても都合が悪い事だったのです。しかし、その隠れ家も、謎の武装集団に襲われるのです。命がけで逃げ出した3人。政治犯をアメリカに逃亡させる為に、彼の娘を迎えに待ち合わせのホテルへ。しかし、娘は、政治家の仲間となって、父親を裏切っていたのです。政治犯は、武装集団に捕まり、ファイルが隠してある、あの、大事故以来、放置されているチェルノブイリ原発の施設へ向かうのです。マクレーンとジャックの親子も、チェルノブイリへ。さて、そこで二人を待ち受けていた物は・・・。

凄い映画ですよ。ひたすら、凄い武器で、打ち合い、爆発、車も建物も、破壊されまくり。逃げる為に打ち合い、助ける為に打ち合い。どんなに激しい銃撃戦でも、マクレーン親子にはまったく当たらず。ビルの上から飛び降りても平気で、走り回る。ただ、それだけの映画です。過去の、ダイハードシリーズみたいに、精神的に、肉体的に、追い詰められる事も無く、頭を使って、敵の裏を書くような大どんでん返しもありません。はっきり言って、シリーズで一番出来の悪い映画です。もし、主役がブルース・ウィリスじゃなくて、予算が足りなくて、銃撃シーンや、縛やシーン、カーチェースの新がしょぼい物になっていたら、おそらく、日本の映画館で、上映される事は、無かったかもっ知れませんね。それにしても、アメリカ映画で描かれるロシア人が、やっぱりアホっぽく描かれているのが笑えたなぁ。

話題の映画は、お近くのワーナー・マイカル!
ワーナー・マイカル・シネマズ

|

« 今の時代、リストラや、倒産なんかがあって、不安ですよね。とりあえず出世したいですよね。あなたは、出世できるタイプですか。 | トップページ | 今年の花粉は多いらしいですよね。まれに目がかゆくなったり、たまにくしゃみが出たりは、あるんですけど花粉症と呼べる程ではないようです。 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/440798/49542594

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ダイ・ハード/ラスト・デイ」の感想をブログに書きました。なんですかこの映画。内容が無いよ。:

« 今の時代、リストラや、倒産なんかがあって、不安ですよね。とりあえず出世したいですよね。あなたは、出世できるタイプですか。 | トップページ | 今年の花粉は多いらしいですよね。まれに目がかゆくなったり、たまにくしゃみが出たりは、あるんですけど花粉症と呼べる程ではないようです。 »